今回からぼちぼちと組んでいきます。ゆっくりペースで進めていくので長い目で見てやってください。
合計重量200gを切ることが必須なので、パーツごとにちょくちょく重量を計っています。

フレームセットが21.2gでESC 4個セット(配線未加工)が13.0gです。
R0016029 R0016032

受信機は購入時のケース入りで7.0g、ケースを剥いで熱収縮チューブをかぶせた状態で4.0gと3gの軽量化になりました。
R0016033 R0016035

PDB(電源分配板)が3.7gです。
R0016031

メインフレームにPDBと受信機を仮置きしてみました。
PDBは配線作業が終わったら裏返しにして固定します。最初ははんだ付けするために表を向けています。
受信機は肉厚の両面テープでメインフレームに貼り付けるので、余裕を見て2mmほど隙間が空くような樹脂スペーサーを選びました。
R0016036 R0016037

受信機の取り付けは後回しにして、ESCとPDB間の配線作業に取り掛かります。
メインフレームにESCを裏向きに置いて、テープで仮固定します。次に配線長を確認して余分な線を切断します。
※配線作業が終わったら、モーターとはんだ付けする前にPDBとESCセットを丸ごとひっくり返します。この時にESCのモーター側端子が表を向かないとはんだ付けできないので、今は裏向きにしています。
R0016042 R0016046

PDBへの線を切断したら、先端の被覆を向いて心線を寄ってから、はんだ揚げ(前はんだ付け)しておきます。
R0016045

長くなったので、PDBへのはんだ付けは次回ということで(^^;