三連休中日の10/9に、山口県下関市の東亜大学の講堂で T-REX JAPAN様と下関FreeSkyクラブ様の共同主催で初心者向けドローン競技会「有視界クワッドレーシングin下関」が開催されるということで、この夏にドローン始めたばかりの自分が参加してきました。

なんたって、飛行経験二ヵ月しかない素人ですよ。 しかも実際に飛ばしたのはドローン始めてから合計40パック+シミュレータ数時間程度です。結果から言うと自分みたいな初心者でも十分に楽しめた、いい競技会兼飛行会でした。初心者にもってこいの競技会でした。

会場の講堂の全景です。講堂を大きく対角線に区切って、三角形状にコースが設置されました。
名称未設定-1

また、各メーカー・販売店の展示即売も開催されていました。
R0016275R0016276R0016282

フルカバーボディが特徴のALIGN MR25です。メカやバッテリーがボディ内にスマートに設置されていて、扱いやすそうです。
R0016284

開会式の後、最初のショートコースのタイムアタックとなりました。
ショートコースはスタート地点からまっすぐ飛んで、ゲートをくぐって、コール地点に着地するまでの時間を競います。操縦者の立ち位置は自由です。自分を含めて全員がスタートラインからそのまま操縦していたように思います。実際のコースではGate1がなくてGate2だけでした。
racing_course_short

自分の順番が近づいてきたので、1号機のQAV-210でテストフライトさせようとしたところ、アームしてもぜんぜんスロットルに反応しません。フライトコントローラのLEDを見る限りではアームはできているようです。何度かバッテリー抜き差ししたりプロポを確認したりしたのですが、全然動かない状態です。

ノートPCを持って行ってたので接続して確認したところ、フライトコントローラはプロポの操作を認識してスライダーが全チャンネル動いています。LibrePilot上からESCを操作するとちゃんと動作します。うーむ訳わからん。

すぐに直せそうにないので、万一のためにと持って行ってた組み立てほやほやの2号機HFR-155を出すことにしました。庭でホバリングと前後左右旋回できることを確認しただけで、まだ1パック丸ごと飛ばしたことのない機体です(^^;

自分の順番になったので、スタートラインで合図を待ちます。合図と共にゆっくりスロットル入れてゆっくりと前進させていきます。まずはゲートをくぐらないといけませんが、意外と低く感じます。

『ドローン経験2ヵ月の初心者が頑張ってます、どうぞ声援を!』と司会兼実況が煽る煽る(^^;

結局、20mほどのコースを10秒かかって無事にゴールしました。速い人で4秒台だったと思います。まずは無事に完走できて満足(^^)/


次はミドルコースでのタイムアタックです。ショートコースのゴール地点が三角形の角になるような形で、三角形の二辺を飛んでゴールとなります。ミドルコースは立ち位置自由ですし、飛んでるドローンを追っかけて操縦してもOKなので、対面飛行がおぼつかない初心者には助かります。

実際のコースはGate2の代わりにFlagが立っていました。そしてGate3の位置に地上約2mに設置されたフラフープの輪っかをくぐってゴールとなってました。大きい機体だとプロペラが引っ掛かって結構難しそうでした。
racing_course_middle
自分はショートコースに続いてHFR-155で参加しました。後ろを小走りに追いかけながら(実況曰く「欽ちゃん走り」(^^;)、輪っかに引っかかることもなく30秒でゴールできました。
R0016286
画像右側から飛んできて、右側の銀色の輪っかをくぐって三角コーンを超えたらゴールになります。
勢い余った参加者の機体がゴール後に窓の縁に乗ってしまって、回収作業中(笑)


ミドルコースのタイムアタックが終わったところで昼休みです。自分はその間に動かなかったQAV-210の調整です。いろいろ確認していたのですが、どうもESCの設定が飛んでいたようで、LibrePilotでESCを一から再設定すると無事に動きました。壊れたかと思ったよ…

QAV-210が無事に復活したので、一安心して昼食のパンを食べて展示品を見て回ります。

MR25はそのフルカバーボディを生かして、色々とデザインを楽しめるようでした。痛ボディええのぅ…
R0016285
かなり小さい充電器。6セルまで対応。
R0016272R0016336R0016337
新登場のデジタルVTX一式です。アンテナ基部はゴムで曲がるようになっています。
R0016270R0016332
空撮用の業務機みたいです。
R0016287

昼からは、まずは風船割りです。1分間に何個割れるか競います。自分は見てるだけで参加せず。
R0016315

参加者は意気込んでスタートするも、機体が近づくと風圧で風船が逃げてしまったり割れた時の衝撃でひっくり返ったりと、結構悪戦苦闘してました。慣れてくると上から機体で踏みつけるようにして割ってました。最高記録は22個だったかな。

最後は周回コースでタイムアタックです。図と違って最後にストレートに置いてあるゲートをくぐった時点でゴールです。自分は見てるだけー
racing_course_oval

3周回って、ゲートをくぐるの忘れてもう一周したりと、これまた笑いの絶えないタイムアタックでした。

そして全てのプログラムが終了して、各コースでの表彰式と協賛品配布があって、無事終了となりました。
後片付けも全員でちゃっちゃと済ませて、撤収ー。

競技会といいながら、自分みたいな初心者を対象にしていたので雰囲気的にも参加しやすかったです。今回は屋内だったので、うっかり飛ばしすぎてどこかにロストする心配もないのも初心者にはありがたかったです。

1日楽しく参加することができました。運営も司会も慣れていて、時間的なトラブルもなく楽しくスムーズに進行したので快適に過ごせたのもよかったです。

また次回があれば参加したいと思った競技会兼飛行会でした。