いつもの公園(車で20分ちょい)に飛ばしに行く時間がない時は庭でQ4i ACTIVE飛ばしてるのですが、手持ちのトイドローン用バッテリーの残容量が分からなくて、放電した後なのか充電してほったらかしにしたままだったのか分からなくなってました(^^;

思いついた時に飛ばしたいので、例によって充電待ちしている時間がもったいないと思い、トイドローン用の1セル多CH充電器でも買おうかなーと思ってました。

ふと手持ちの充電器を見てみると、1ch当たり6セルまで充電できるようになっています。

…1セルのバッテリーを6個直列にしたら、一度に6個充電できるんじゃね?

電子工作に使ってる電子部品のストック箱を漁っていたら、それらしい物が作れそうなので試しに作ってみることにしました。

でこちらが完成したアダプターです。充電器のバランスポートの6セルの所に接続するようにしました。
R0016395R0016393

アダプターの拡大画像です。
R0016392
漁ってきたユニバーサル基板に回路図も書かずにエイヤっと作った基板なので、カッターでスジ入れて手で割っただけの代物です(^^; 真ん中の灰色U字型の線をどこに挿すかで、1~6セルを設定できるようにしました。

ちゃんと6セルとして認識して、各セルの電圧も表示できています。バランスポートに接続できるように作ったので、バランス充電や保管モードを行うことも可能です。
R0016397R0016394

充電器から見たら6セルのパックバッテリーとして制御するので、充電前に各バッテリーの残容量をそろえておかないと充電終了時のバランシングにとんでもない時間がかかることがあるので要注意です。

この6連充電アダプタをあと3個作って、先日買ったこの充電器に繫げれば、1セルバッテリーを24個同時充電できる(かも(^^;)